酸味や苦みが少ないコーヒーの淹れ方って ?味わいの調整に挑戦してみた。

酸味や苦みが少ないコーヒーの淹れ方って ?味わいの調整に挑戦してみた。

この記事では、酸味や苦みが少ないコーヒーの淹れ方のポイントをお伝えします。

試しに購入したコーヒー豆や、頂きもののコーヒー豆が、思ったより酸味があって飲みづらいとか、苦みが強すぎて飲めない、なんて困っていませんか?

今回は、

  • 「酸味」と「苦み」の少ない淹れ方
  • 逆に、しっかり酸味や苦みを味わう淹れ方

の両方を、実際に試してみました。

もしよかったら、参考にしてみてくださいね。

コーヒーの酸味や苦みは、淹れ方の条件によって変わる

抽出したコーヒーの味わいには、主に4つの要素が関係しています。

これらを知っておくと、美味しいコーヒーを淹れることができます。

その4つとは、

  • 焙煎
  • 抽出器具
  • 抽出方法

です。

最初の2つは、豆を購入するときにチェックするポイント、後半の2つはコーヒーを抽出する際のポイントです。

順番に説明していきますね。

豆を購入するときにチェックするポイント

もしかしたら、あなたの手元には、すでに豆があるのかもしれません。

ですが、今後、豆を買う際の参考になると思いますので、ざっくり頭に入れておくと良いですよ☆

豆の銘柄

産地や農園によって個性がありますので、購入する段階で、自分の好みの豆を選ぶのが基本です。

もともと酸味の強いもの、爽やかな香りがするもの、苦みが強いものなど、いろいろな豆があるんですよ☆

豆を購入する段階で、酸味・苦み・その他好きな香りなどをチェックして(お店の人に聞いて)選ぶようにしましょう。

好みの豆を買えば、好きな味に淹れられる可能性が高くなります。

焙煎

焙煎とは、コーヒーの生豆を煎る(ローストする)ことです。

もともとのコーヒー豆は白&薄い緑っぽい色ですが、焙煎することで、その度合いによって薄いブラウンから黒に近いダークブラウンに変化します。

豆の銘柄によって適した焙煎の度合いがありますので、市販のコーヒー豆は、その豆に適した焙煎の状態で、店頭に並んでいるかと思います。

この焙煎の度合いが浅い(色が薄い)豆は、酸味に特徴があり、深く焙煎した(色が濃い)豆は、苦みに特徴があると覚えておくといいですよ。

たとえば、酸味が苦手な方は、色の濃い深入りコーヒー豆が向いています。

コーヒーを抽出する際のポイント

続いて、ご自宅などでコーヒーを実際に淹れるときに考慮したいポイントを挙げます。

すでに手元にある豆がどうも飲みづらくて余っている、というケースでは、ココが肝になります。

酸味を抑えたり、苦みを抑えたり、逆に引きだしたりと、同じ豆でも味わいをある程度は調整できるようになりますよ☆

抽出器具

抽出器具とは、ペーパーフィルターを使うドリッパーや、フレンチプレス式、マキネッタ(直火式)、サイフォン、エスプレッソマシンなど、挽いたコーヒー豆をセットして、コーヒー液を抽出する道具のことです。

抽出器具によっても、引き出せる味わいは変わってきます。

こだわる方は、豆の銘柄やどんな飲み方をするのかによって、使い分けてもいいのかもしれません。

違いについては今回は割愛しますが、ただ、ご自宅ではどれかひとつを使っているという方がほとんどだと思います。好みのものを使用することで、好きな味わいを引き出せます。

一般的には、ペーパードリッパーを使っている方が多いかもしれません。

ペーパードリッパーは、コーヒーの油分がペーパーフィルターで漉されるため、クリアな味わいのコーヒー液が抽出できます。

また、ハンドドリップで淹れるため、味わいの調整がしやすいのも特徴です。

その分、淹れ方の条件を理解していないうちは、淹れるたびに味が違う、ということもあるんですね。

わたしもよく、「あれっ?なんか今日は味が薄い!」なんて思いながら飲んでいましたね~。

ちなみに、この後でくわしく説明する酸味や苦みが少ない淹れ方については、ペーパーフィルターを用いた実験をおこなっています。(お楽しみに!)

抽出方法

抽出方法とは、主にお湯の温度と抽出時間のことです。

コーヒーを淹れるとき、とりあえずお湯を沸騰させてペーパーフィルターにざっと注ぐ、という感じになっていませんか?

でも、味わいを自在に調整するには、もっと繊細でありたいのです。

当たり前かもしれませんが抽出の仕方に気をくばることが重要なんですね。

そうすれば、コーヒー豆や抽出器具は決まっていても、抽出の仕方によって酸味を少なくしたり、苦みを少なくしたりと、味わいをある程度変えることができますよ。

そこで、抽出の基本条件を書き出してみますね。

【お湯の温度のポイント】

  • 酸味を引き出すには、低温で淹れる⇔酸味を抑えるには、湯の温度を上げる
  • 苦みを引き出すには、高温で淹れる⇔苦みを抑えるには、湯の温度を下げる
  • 良質な酸味や爽やかさは、高温で淹れる

【抽出時間のポイント】

  • コーヒー豆の成分のうち、最初に抽出されるのは、酸味の成分
  • 苦みはあとから出てくる
  • よって、抽出時間が短いと、酸味が目立つ味わいに
  • 苦みとのバランスをとるなら、ゆっくり抽出する

これらの基本条件を、次の実験で試していきます!

酸味や苦みが少ないコーヒーの淹れ方を実験してみた。

ここからは、先にご説明したコーヒーの淹れ方の条件―コーヒーを抽出する際の条件のうち、抽出方法について、実験しながらくわしくお伝えしていきます。

実験の主旨

個性の異なる2つの銘柄において、抽出方法の違いによる味わいの差を確かめます。

使用した豆

  • ブラジルフレンチロースト→焙煎度は深煎り
  • エチオピアハイロースト→焙煎度は中煎り
左:ブラジルフレンチロースト
右:エチオピアハイロースト

ミッション1 酸味の少ない淹れ方は?

<使用した豆:エチオピアハイロースト>

焙煎度は中煎りで、青いイチゴのような爽やかな香りと酸味があります。酸味も苦みも感じられる豆。

①低温×短時間で抽出=酸味が強くなる

低温(78℃)のお湯を少量注いで蒸らしたあと、残りのお湯を一気に注ぎました。

味は酸味で占められていて、軽い飲み心地。苦みはほぼ感じませんでした。

②高温×ゆっくり抽出=酸味の割合が減り、苦みとのバランスが生まれる

高温(82℃)のお湯を少量注いで蒸らしたあと、2湯め、3湯めに分けて細くゆっくり注いでいきました。

味は、まず酸味、そのあと苦みが追いかけてくる感じで、バランスがとれて酸味がマイルドに。

エチオピアの豆らしい、さわやかな酸味がほのかに感じられました。

実験の結果から、酸味の少ない淹れ方は、高温×ゆっくり抽出でした。

今回使用したエチオピアハイローストは、もともと爽やかな香り(酸味)が持ち味。

しかし良質な酸味は低温ではなくむしろ高温で引き出されるそうです。

加えて、ゆっくり抽出することで苦みも引き出すことができ、酸味だけが目立つのではなく、全体のバランスがとれた味わいになりました。

ミッション2 苦みの少ない淹れ方は?

<使用した豆:ブラジルフレンチロースト>

焙煎度は深煎りで、苦みとコクが持ち味の銘柄です。

①低温×ゆっくり抽出=苦くないけど、薄い

低温(78℃)のお湯を少量注いで蒸らしたあと、残りのお湯を一気に注ぎました。

すると、苦みはほとんどありませんでしたが、ちょっと薄いかなぁ。

②高温×短時間で抽出=苦みプラス酸味でマイルド

高温(85℃)のお湯を少量注いで蒸らしたあと、残りのお湯を一気に注ぎました。

苦みはあるけれど、サッと抽出した分それほど濃く出ていないので、苦いのが苦手な方は飲みやすいかも。

③高温×ゆっくり抽出=コクのあるしっかりした苦み

高温(82℃)のお湯を少量注いで蒸らしたあと、2湯め、3湯めに分けて細くゆっくり注いでいきました。

すると、重くて強い味わいに。

しっかりした苦みとコクがあります。

苦みの少ない淹れ方は、①低温×ゆっくりで抽出、もしくは、②高温×短時間で抽出をお好みで。

ブラジルフレンチローストは、コクや苦みが持ち味の豆なので、本来であれば③高温×ゆっくり抽出でコクのあるしっかりした苦みを引き出したいところ。

でも、苦すぎると感じたら、お湯をサッと注いで抽出時間を短くしたり、お湯の温度を下げるなどすれば、マイルドな飲み口になります。

コーヒー液の色も、少しずつ違う。

以上、酸味を少なくする場合、苦みを少なくする場合の抽出方法について実験結果をお伝えしました。

最後に、コーヒーの淹れ方が注意点がありますので、できれば目を通してみてくださいね。

実験で使用したお湯の温度について

上記の実験では、低温・高温という言葉がでてきますが、そもそもコーヒーを抽出する上で、何度からが高温で、何度からが低温なのでしょうか?

コーヒーに関する本や、専門家によるウェブサイトを見てみると、温度の定義はまちまちのようです。

今回使用した豆は、信頼しているロースターで購入したもので、82~83℃を適温とし、差がわかりやすいように78~85℃まで幅をもたせて実験しました。

焙煎がよくない豆や、古い豆の場合は、そもそも90℃以上でないと、成分がうまく抽出できないという話もあります。

また、この記事の前半でもお伝えしたように、味わいの調整は、厳密には豆の銘柄や焙煎度、抽出器具なども関係してきます。

ですので、温度の具体的な数字はあまり気にしないほうがよいと思います。

考え方として、お湯を低温・高温にする意味を知ること、また、短時間で抽出する・ゆっくり抽出することのメカニズムを知っておくことが大事なんじゃないかなと思います。

たとえば、酸味が少ないほうが好きなら、次からサッとお湯を注いでみるとか(サッと淹れると酸味が際立つ)。

一度淹れてみて「苦いな」と感じたら、お湯を少し冷ましてから注いでみるとか(苦み成分は低温だと抽出しにくい)。

それだけでも結構違ってきますよ。様子を見ながら調整してみてくださいね。

酸味や苦みを自在に調整して、コーヒーをもっと楽しもう

今回はコーヒーの味わいの調整についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

酸味や苦みを調整するポイントは、実はとってもシンプルです。まとめると、

  • 酸味を引き出すには、低温で淹れる⇔酸味を抑えるには、湯の温度を上げる
  • 苦みを引き出すには、高温で淹れる⇔苦みを抑えるには、湯の温度を下げる
  • 抽出時間が短いと、酸味が目立つ味わいになる
  • 苦みとのバランスをとるなら、ゆっくり抽出する

あとは何度も淹れてみるだけ!もし、お手元に「酸味が強すぎる」「苦みが強すぎる」コーヒーが余っているなら、ぜひトライしてみてください。

そして、次回豆を買うときは、豆を購入するときにチェックする条件、

豆の銘柄

焙煎

この2点をしっかりチェックして豆を選ぶところからやってみてくださいね。

飲んでみて、「ちょっと違うな」と思ったら、抽出方法をおさらいして、味わいを調整してみてください。

また、購入した豆は早めに使い切ることも大事です。

時間が経つと酸化してしまうので、それが好ましくない酸味につながることもあるそうです。

(酸味が苦手な人は多いけれど、酸味にもいろいろな酸味がありますよ。良質な酸味と、古さなどによる酸味は別物!

個人的には柑橘系の酸味あるコーヒーがとっても好きです♡

それでは、お家で幸せなカフェタイムを楽しめますように。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)