コールドブリュー(水出し)コーヒーの美味しい作り方を3パターン試してみた。

コールドブリュー(水出し)コーヒーの美味しい作り方を3パターン試してみた。

スターバックスのメニューにも登場するなど、認知度が上がりつつあるコールドブリュー(水出し)コーヒー。

お家でもぜひ作ってみましょう!

特別な道具も必要なく、まとめて作っておけるので、夏に向けて作り方を知っておくと重宝します。

今回はいろいろな抽出方法を試してみて、出来上がりの違いなども比較してみました。

より美味しくつくるヒントになれば幸いです。

コールドブリュー(水出し)とアイスコーヒーの違い

コールドブリューコーヒーは、ダッチコーヒーとも呼ばれます。

「コールド」なので、冷たいコーヒーということは、一目瞭然。

でもさぁ、アイスコーヒーとどう違うのよ?と思いますよね。

コールドブリューコーヒーとアイスコーヒーの違いは、コーヒーの抽出に水を使うのか、お湯を使うのか、という点です。

コールドブリューコーヒーは、水で抽出したコーヒー。

アイスコーヒーは、お湯で抽出したコーヒーを氷で冷やしたものなんですね。

では、抽出したコーヒーに、味などの違いはあるのでしょうか?

コールドブリュー(水出し)味わいの特徴は?

コールドブリューとアイスコーヒーは、味わいに違いがあります。

なぜならコーヒーは、抽出するお湯(水)の温度によって、引き出される成分が変わってくるからなんですね。

大きな違いは、水で抽出した場合、苦味の成分であるカフェインが少ないコーヒーになることです。

さらに、コールドブリューは8時間ほどかけてじっくり抽出するため、コクや酸味がしっかり抽出され、かすかに甘みも感じられ、香りも良いコーヒーが出来上がります。

ちなみに、コールドブリューコーヒーは、温めて飲んでも美味しいです。

レストランや喫茶店で、丁寧に抽出したコールドブリューコーヒーを、1杯ずつ丁寧に温めて出してくれるお店もありますよ。

温めると香りがふわっと立ち上り、まろやかな味わいを楽しめます。

それではいよいよ、作るポイントをお伝えしていきますね。

コールドブリュー(水出し)におすすめのコーヒー豆

コールドブリューコーヒーは、コーヒー豆(粉)の選び方がけっこう重要です。

おすすめは、焙煎が深煎りの豆。

コーヒーの豆屋さんに行くと、いろいろな種類の豆が並んでいますよね。

ラベルを見ると、浅煎り、中深煎り、深煎りなどと表記されています。

深煎り、もしくはフレンチローストやイタリアンローストと書いてあるものを選んでください。

なぜなら、浅煎りの豆を水出しすると、コクが引き出しきれず、酸味が目立ってしまうからです。

深煎りの豆は、焙煎によってコクが強調されているので、水出しでもコクのある味わいを引き出せます。

豆の挽き方は、ドリップコーヒーと同じ、中挽きでOKです。

コーヒー豆を準備したら、次は実際のつくり方をお伝えしますね☆

コールドブリュー(水出し)コーヒーの作り方バリエーション

コールドブリューコーヒーの作り方は、大きく分けて2つあります。

  1. 滴下式
  2. 浸漬(しんし)式

滴下式は、水を一滴ずつポタポタとコーヒー粉に落としていき、コーヒーエキスを抽出する方法です。

専用の抽出器具を使ってつくります。

一方、これから作り方をお伝えするのは、浸漬式のほうになります。

浸漬式は専門的な器具がなくても作れるので、お家でも手軽に作れますよ☆

以下3つの流れでお伝えしていきますね。

  1. 基本の作り方〜水出しポット使用
  2. 水出しポットなしで作るには?
  3. コールドブリューに適した水は?

基本の作り方〜水出しポット使用

私が長く使っているのは、HARIOの水出しコーヒーポット・ミニ(600ml/出来上がり容量)です。

専用ポットは、やはり作りやすいですね。

コーヒー粉をセットするフィルター容器が付属しているし、出来上がったら容器を外して、ポットをそのまま冷蔵庫で保管すればOKです。

手間をかけずに、美味しいコールドブリューコーヒーが作れます。

作り方の基本

コーヒー粉の分量は、こちらが基本となります。

コーヒー粉10g : 水100g

作りたい量に合わせて、コーヒー粉と水を、この割合で準備します。

これは、水出しポット以外のどのような作り方でも同様です。

ちなみに、今回はポットの大きさに合わせて、コーヒー粉を70g、水を700ml用意しました。

最終的に約600mlのコーヒーが出来上がります。

〈流れはこんな感じ〉

左側のフィルターにコーヒー粉を入れ、ガラスのポットにセット。
水をそうっと注いでいきます。あふれないように少しずつ浸透させながら!
水を注ぎ終わったところ。
フタをして、冷蔵庫で一晩(8時間)寝かせます。
翌朝、冷蔵庫からポットを出し、フィルターを取り出す。最後の一滴まで粘って抽出。

水出しポットなしで作るには?

コールドブリューコーヒーは、専用の水出しポットがなくても作れます。

コーヒーを浸漬させる容器があればOK。

紅茶のポットでもいいし、ジャムの空き瓶でもよし。

液体が入るものならなんでも大丈夫です。

そして今回は、さらに2パターンの方法で試してみました。

  1. コーヒー粉をそのまま容器に入れる方法
  2. お茶出しパックを使う方法

1のほうは、容器にコーヒー粉を入れて、上から水を注ぐだけ!

2のほうは、不敷布のお茶出しパックにコーヒー粉を詰めてから、容器に入れて水を注ぎます。

1は、抽出した後に粉を濾す必要がありますが、2だと、お茶出しパックごと取り出せるので便利ですね。

ただ1点気になったのは、お茶出しパックに入れた場合と、粉を直に容器に入れた場合とで、コーヒーのエキスの浸漬具合に差はあるのか?ということです。

なんとなく、直に水を注いだ方が、しっかりエキスが出るのかな?と予想。

〈実験してみました〉

それぞれに、コーヒー粉20gと水200mlを注いでいます。

右側はお茶出しパック使用。左側はコーヒー粉をダイレクトに入れた。フタをして冷蔵庫で8時間。

結果は……。

あまり違いはありませんでした。

(予想ハズレた〜!)

同じ時間、同じ分量を浸しましたが、色や味わいも変わりがないように思いました。

右:お茶パック使用。
左:粉をダイレクトに使用。出来上がりの色は同じですねぇ。

それならば、お茶出しパックを使って作るほうが、後が楽ですね。

ただ、違う見方をすると、わざわざお茶出しパックを買わなくても、コールドブリューコーヒーは美味しく作れる!ということがわかりました。

容器はなんでも大丈夫なので、コーヒー粉さえあれば、作れちゃいますね!

ちなみに、水出しポットなしバージョンで使用したコーヒー粉は、ベトナム産のチュングエンというメーカーの豆です。

このコーヒーは、ロブスタ種という種類のコーヒー豆で、水出しコーヒーとの相性が良いですよ。

関連記事:ベトナム式ドリッパーで美味しいアイスコーヒー&アイスカフェオレの作り方。

コールドブリューに適した水は?

コールドブリューコーヒーは、熱を加えないぶん、使用する水そのものの味わいが影響します。

なので、美味しい水を使うことも大切です。

ただ、美味しさというのは主観的なものなので、どの水が良いとは一概には言えません。

これを機に、好きな水を探すのも楽しそうです。

参考までに、水に関するポイントをまとめました。

軟水がおすすめ

ミネラルウォーターを使用する場合、軟水と硬水がありますよね。

硬水にはミネラル成分が多く含まれていますが、硬度が高い水ほど苦味を感じます。

軟水はクセがなく、飲みやすいと感じる人が多いと思います。

なので、軟水がおすすめです。

コールドブリューコーヒーはまろやかな味わいが魅力なので、水そのものにクセがない方が、美味しさを堪能できます。

また、軟水の方がコーヒー粉に浸透して、旨みをしっかり引き出すことができます。

あなたが美味しいと思う水を探してみてくださいね☆

水道水を使う場合のポイント

日本の水道水は質が良いと言われていますよね。

しかも軟水です。

ミネラルウォーターを用意するのはちょっと……、という場合は、もちろん水道水でも大丈夫です。

ただし、カルキ(塩素)を除去できる浄水器は使った方がいいですね。

一般的なコーヒーであれば、お湯を沸かしたときに、水道水のカルキを減らすことができます。

(沸騰させるとカルキを減らせます。)

でも、水で抽出する場合は、カルキがそのまま残ってしまうんです。

日本の水がいくら高品質とはいえ、水の美味しさが影響するコールドブリューコーヒには、最低限、浄水器を使うのがおすすめです。

ちなみにわが家では、クリンスイの蛇口直結型レンタル浄水器を使っています。

まとめ:コールドブリューコーヒーでこだわりの一杯を

いかがでしたか?

コールドブリューコーヒーって、作り方そのものは、とってもシンプルですよね。

覚えるべきことは、たったひとつ。

コーヒー粉10gに対して、水100g

これだけです。

あとは、豆と水の選び方にこだわって、とっておきの一杯を作りましょう。

じっくり時間をかけて抽出したコールドブリューコーヒー。

ちょっぴり贅沢な気分に浸れそうです。

それでは、なごやかなコーヒータイムをお過ごしくださいね☆

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)