夏はコールドブリュー!スタバ風2層アイスコーヒーの作り方。

夏はコールドブリュー!スタバ風2層アイスコーヒーの作り方。

スターバックスの「コールドブリュー・ライム」はもう飲みましたか?

とっても美味しい!ですよね。

大人のライムジュース、って感じ。

そこからヒントを得て、柑橘果汁を使った2層アイスコーヒーを作ってみました。

もしよかったら、試してみてくださいね。

スタバ風2層アイスコーヒーの材料

スターバックスではライムシロップを使っていましたが、今回は、手に入りやすいレモン果汁とオレンジジュースで作ってみました。

コールドブリューレモンの材料

  • レモン果汁100%……大さじ1
  • ガムシロップ……1個
  • コールドブリュー(水出し)コーヒー……60ml ※あらかじめ作っておく
シチリアレモンとベトナムコーヒーのコールドブリュー。

コールドブリューオレンジの材料

  • オレンジ100%ジュース(ストレートタイプ)……大さじ2
  • コールドブリュー(水出し)コーヒー……60ml ※あらかじめ作っておく
オレンジは、果実感のあるストレートタイプを使ってみた。

レモンのレシピにはガムシロで甘みを加えていますが、オレンジの方は今回ガムシロなしで作りました。

ただし2層にする場合、下になるほう(ジュースなど)の液体にガムシロを加えたほうが、きれいにセパレートします。

なので、オレンジのほうにも、お好みで甘みを加えてもらってOKです。

また、各材料の分量は、グラスの大きさに合わせて調整してくださいね。

今回は、容量200mlほどのコップを使っています。

コーヒーと果汁の割合を上記のレシピくらいにすると、個人的には美味しかったです。

※2層コーヒーについては、別の記事でも詳しく紹介しています。

コールドブリューコーヒーについて

コールドブリューコーヒーとは、お湯ではなく、水で抽出したコーヒーのこと。

苦みが少なく、まろやかな味わいが特徴です。

爽やかな柑橘フルーツとの相性もぴったり!

お家で簡単に作ることができますので、よかったら、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

スタバ風2層アイスコーヒーの作り方

コールドブリューレモンも、コールドブリューオレンジも、作る手順は一緒です。

代表して、レモンの方を写真つきでご紹介しますね。

レモン果汁+ガムシロを投入。
氷はたっぷり入れましょう。
コールドブリューコーヒを、氷にあてながら静かに注いだら完成です!

とってもカンタンですよね!

コーヒーのコク+レモンジュースのような味わい。

ちょっとオリエンタルな感じで美味しい〜。

ちなみにオレンジはこんな感じになります。

コールドブリューオレンジ。

紅茶っぽい、上品なオレンジフレーバーが感じられます。

別の日には、大きなグラスでも作ってみました。

オレンジ多めにしました。

コールドブリューコーヒーがないときは?

2層アイスコーヒーは、もちろん、普通のアイスコーヒーでも作れます。

コーヒー豆がなければ、インスタントコーヒーで作ったアイスコーヒーでも作れます。

お節介ながら、個人的に、いちどはコールドブリューコーヒーで挑戦してもらいたいなぁ!と思っておりますが。

爽やかなコールドブリューコーヒーと柑橘の香りが、とっても相性良いです。

まとめ:夏の2層コーヒーは爽やかな柑橘系で決まり!

いかがでしたか?

コールドブリューコーヒーは、もはや夏の定番。

今回はレモンとオレンジで、スタバ風2層アイスコーヒーにしてみました。

天気のいい休日、明るい日差しを感じながら味わう一杯は、なんとも格別。

それでは、素敵なカフェタイムをお過ごしください☆

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)