ベトナムコーヒー専用フィルターを使った淹れ方の基本

ベトナムコーヒー専用フィルターを使った淹れ方の基本

最近、ちょっと知られるようになってきたベトナムコーヒー。

あのスターバックス リザーブでも、ベトナム産のダラットコーヒーを取り扱っていますよね。

いろいろな楽しみ方ができるベトナムコーヒーですが、基本はやっぱり、現地で飲まれているアノ飲み方。

今回は、ベトナムコーヒー専用のコーヒーフィルターを使った淹れ方のポイントをお伝えします。

ベトナムコーヒーを淹れるときに準備するもの

1杯分(コーヒー液を約70ml抽出)

  • ベトナムコーヒー粉 15〜20g
  • お湯90ml
  • 練乳(コンデンスミルク)を大さじ1〜2杯(好みで)
  • カップやグラス(ガラス製がおすすめ)

ベトナムフィルターでコーヒーを淹れる手順

まず、ベトナムフィルターにコーヒー粉をセットします。

コーヒー粉をセット

次に、コーヒー粉の上に中フタをかぶせて、ネジを閉めて粉を軽く押さえます。

このとき、中フタのネジを固くしめすぎると、コーヒー粉が押し込まれてギュッと密集した状態になります。

すると、お湯を注いだときに、お湯が下に落ちにくくなります。

かといって、ネジを締めるのがゆるいと、お湯がさっと通り抜けてしまい、コーヒーのエキスがしっかり抽出されません。

このあんばいが、ポイントです。

中フタを閉めたら、あらかじめ練乳を入れておいたグラスの上に、フィルターをのせてセット。

お湯を20ml程度(中フタから少し流れ出る程度)注ぎます。この状態で20秒蒸らします。

20ml注ぐと、こんな感じになります。中フタからお湯がすこーしあふれるか、あふれないか、くらい。

次に、残りのお湯70mlを注ぎ、上フタをかぶせます。

あとは抽出されるのを待つだけです。

ほんと、1滴ずつゆ〜っくり落ちてくるんですよね。

上記の分量で、抽出時間は7〜9分くらいが目安。

一般的なハンドドリップ だと、160ml程度を抽出するのにかかる時間が2分半くらいなので、こちらはかなりゆっくりですね。

抽出が終わったかな?と思ってフィルターを見てみると、まだお湯が残っていたりしますので、フィルターの取り外しは慎重におこないましょう。

コーヒーが落ちきるのを気長に待ってみてください。

最後の1滴まで落としたい。

出来上がったベトナムコーヒーです。

濃厚!かき混ぜて飲みます。

時間がかかる分、お湯がほど良く冷めて飲みやすい温度になっています。

そのままホットで飲んでもいいし、かき混ぜてから氷入りのグラスに入れ替えるのもおすすめですよ。

かき混ぜてから氷の上に注ぎましょう。

関連記事:ベトナム式ドリッパーで美味しいアイスコーヒー&アイスカフェオレの作り方。

個性的なベトナムコーヒー、ぜひ試してみてくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)