浅煎りコーヒーは酸っぱい?美味しい淹れ方のポイント3つ。

浅煎りコーヒーは酸っぱい?美味しい淹れ方のポイント3つ。

浅煎りコーヒーは酸っぱいから苦手、というあなた。

なんとかして美味しく淹れられないかな?とお悩みですか?

実はワタクシ、以前は深煎り派だったのですが、あるきっかけで浅煎りコーヒーの美味しさを知ってから、大好きになりました。

今回は、浅煎りコーヒーは酸っぱい!という誤解を解きつつ、浅煎りコーヒーの持ち味を引き出す淹れ方をお伝えします。

淹れ方だけ知りたいという方は、目次から、後半に飛んでもらって大丈夫です☆

浅煎りは酸っぱい、は大きな誤解!

しょっぱなからナンですが、浅煎りコーヒーは酸っぱい、というのは大きな誤解です。

浅煎りコーヒーは軽やかな酸味が魅力のコーヒー。

「酸っぱい」と「酸味がある」とでは、天と地ほどの違いがあるんです。

ではなぜ、酸っぱいという表現が生まれるのでしょうか?

考えられるのは、酸っぱいと感じたとき、それは、コーヒーそのものが劣化していたのではないかと。

コーヒー豆は焙煎後、時間が経つと、豆に含まれる成分が空気に触れるなどして、科学変化を起こし、酸っぱい香りになってしまうことがあるんですね。

もしくは、たまたま淹れ方が良くなかった・・・ということもあるでしょう。

質の良い酸味をきちんと引き出すには、コツがあるのです。

なので、どうか、浅煎りは「酸っぱい」と嫌わないで欲しいのです。。。

ストロベリーの香りに感動!私が浅煎りコーヒーの酸味に目覚めたきっかけ

そんな私もかつては酸味が苦手で、いつも深煎りのコーヒーを飲んでいました。

でも、あるとき、コーヒースタンドでドリップコーヒーを注文したら、「コーヒーの豆をお選びいただけますよ」と言われたんです。

「どんな豆がありますか?」と聞いたところ、マスターが3種類の豆を紹介してくれて、ある浅煎りの豆を、「ストロベリーのような香りです」と教えてくださったんですね。

コーヒーなのにストロベリー?

不思議に思った私は、その豆を選びました。

そして、運ばれてきたコーヒーは、本当にストロベリーだったんです。

深みのある琥珀色のコーヒーに、甘みのない、まだ熟していないような、少し草っぽい感じのストロベリー香が溶け込んでいました。

ひと口飲んでみると、飲んだ後にふわっと爽やかな香りが残る感じ。

え?これって、コーヒー?

こんなに軽やかで上品なコーヒーは初めて!

それが、浅煎りコーヒーに目覚めたきっかけでしたね。

浅煎りコーヒーの酸味はフルーツと同じ?!

この、ストロベリーの香りというのは、コーヒー本来の、魅力ある酸味のひとつです。

もちろん、ストロベリーとは限らず、豆の種類によって、いろんな酸味が引き出されます。

それが豆の個性になるのです。

コーヒーらしい味というと、苦みや渋みっていうイメージがありますよね。

でも実は、コーヒー豆には、苦みや渋みのもとになる成分だけではなく、さまざまな成分が含まれています。

そのひとつが、酸味のもとになる、有機酸です。

質の良い爽やかな酸味となる有機酸の種類は、

  • リンゴ酸
  • クエン酸(レモンの仲間「クエン」から名付けられた柑橘系の酸味を持つ成分)
  • キナ酸(キウイフルーツにも含まれる成分)

など、フルーツにも含まれる成分なんですね。

なので、もしコーヒー豆の専門店に行ったら、銘柄の説明書きを読んだり、お店の人にどんな風味なのか聞いてみてください。

浅煎りや中煎りのコーヒーについては、「フルーティーな香り」とか、「ラズベリーを思わせる」という表現が出てくるんじゃないかなと思います。

コーヒーとフルーツって、一見、結びつかないですが、実は共通点があったんです。

(確かに、コーヒーはコーヒーの木の実から取り出したもの。コーヒーの実は赤い果実のような感じです)

ちなみに酸味のもととなる成分は、生豆の状態ではほとんど感じられないそうです。

焙煎の仕方によって、酸味が引き出されていくわけなんですね。

ちなみに、酸味の成分がピークに達するのは、浅煎りから中煎りにかけて、なのだそう。

(さらに焙煎を続けて深煎りまでいくと、酸味が逆に減りはじめ、渋みや苦みの成分が多く引き出されるようになっていくそうです)

参考文献:コーヒーの科学/旦部幸博 著(講談社)

ところが、淹れ方によって味わいは当然変わります。

一歩間違えると、酸っぱい、になってしまう・・・。

でも、そんな繊細な味わいだからこそ、あなたもほんとうの酸味を体験してみたいと思いませんか?

もし、美味しい浅煎りコーヒーが飲みたいなら、まずは、豆の種類を自分で選べるカフェに行ってみてください。

お店によっては、メニュー名に「ブレンドコーヒー」「ホットコーヒー」とあるだけで、豆の種類までは選べないところもありますよね。

そうではなく、シングルオリジン(ブレンドではなく1種類の豆)で、少なくとも5〜6種類から選べるようになっているカフェが良いです。

そして、お店の人に聞いたり、浅煎りと書いてあるもの、さらに、説明書きにピピッときたものを選んで飲んでみてください。

「正解」がわかっていると、自分で淹れるときの参考になります。

気に入った味が見つかったら、豆を買って、自分で淹れてみるといいんじゃないかなと思います。

注文の際に豆を選べるカフェでは、たいてい、豆も販売していますよ。

参考までに、私が実践している浅煎りコーヒーの淹れ方のポイントをシェアしますね。

浅煎りコーヒーの酸味を上手に引き出す、淹れ方のポイント3つ

淹れ方については、ポイントが3つ。

抽出器具、豆の挽き方、お湯の温度です。

抽出器具の選び方

まず、抽出する器具ですが、おすすめは円錐型の1つ穴ドリッパーです。

私は、HARIOのV60コーヒードリッパーを使っています。

ハンドドリップ用のドリッパーは、底の形状の違いから、台形型と円錐型があるんですね。

円錐型は先(底の部分)が尖っているタイプ。

この形がポイントになります。

円錐型の1つ穴ドリッパーと、使用するペーパーフィルター。

円錐型で浅煎りコーヒーを抽出する利点としては、以下の2点が挙げられます。

  • 底が台形になっているものに比べて、ドリッパーの中にお湯がたまりにくいので(サッと流れていく)、スピーディーに抽出できる
  • 先が尖っているぶんコーヒー粉の層が深くなるため、成分をしっかり抽出できる

浅煎りのコーヒー豆は、深煎りに比べると、豆自体の密度が高いのだそうです。

すると、ドリッパーの下の方に密集してたまりやすいので、もともとお湯が落ちにくい性質なんですね。

すると、コーヒー粉がお湯に浸かっている状態が長くなります。

ほんらいは抽出したくない成分(雑味)も抽出される可能性が高くなります。

浅煎りの上品な酸味と香りを際立たせるには、出来るだけ雑味はカットしたいもの。

なので、お湯が通り抜けやすい円錐形のドリッパーで、短時間でサッと抽出するのが良いです。

とはいえ、酸味の成分はまんべんなく引き出したいですよね。

円錐形の場合は1点集中というか、ドリッパー内でコーヒー粉が縦長に層をつくるので、お湯が上から下まで通り抜ける際に、まんべんなくエキスを拾ってくれるのです。

以上の理由から、私は、浅煎りのコーヒーを淹れるときは、HARIOのV60を使っています。

コーヒー豆の挽き方

一般的な中挽きの粉を購入しても良いですが、挽き方を選べる、もしくは自分で挽くのであれば、やや粗めに挽くのがおすすめです。

抽出器具のところでもお伝えしましたが、抽出時間が長くなると雑味が出るため、浅煎りコーヒーの上品な酸味が引き立たなくなります。

それには、コーヒー粉の挽き方も関係します。

挽き具合が細かいと、それだけ粉の密度が高くなりますよね。

コーヒーの層が、ぎゅっと目の詰まった感じになるんです。

すると、お湯を注いだときに、通り抜けるのがゆっくりになります。

(隙間が少ないので通り抜けるのがスローになる、というのは、なんとなくイメージできますでしょうか?)

ですが、コーヒー粉を粗めに挽いておくと、コーヒーの層に隙間が多くなるので、お湯が通り抜けやすくなるのです。

ただし、早く通り抜けすぎると、こんどは成分をしっかり拾えないことにもつながります。

したがって、中挽き・やや粗挽きのあんばいには気をつけたいところです。

この辺りは、お湯を注ぐスピードなんかも関係してきますね。

何度かトライしてみて、調整するくらいのつもりでやってみるといいと思います。

まずは理屈として、頭に入れておいてください。

お湯の温度について

一般的には、浅高深低(浅煎りは高温のお湯、深煎りは低温)とされています。

ただし、低い温度のお湯で淹れたコーヒーは、全体的には酸味も強く感じられる、という事実もあります。

これって、矛盾してますよね。

ポイントは、酸味は酸味でも、普通の酸味と質の良い酸味の2つがあるということです。

浅煎りコーヒーの持ち味である、質の良い爽やかな酸味は、高温でサッと抽出するのがマスト。

低温で淹れた酸味の多いコーヒーと、浅煎りの質の良い酸味は、また別物なのですね。

これがややこしいところでもあり、酸味に対する誤解が生まれる理由かもしれません。

個人的には、浅煎りの酸味を引き出すには、90℃程度のお湯でサッと抽出するのが良いと感じます。

(ただし、専門書などを見る限りでは、ばらつきがあります。それは、豆の状態にもよるからです。焙煎したての豆を使えるのであれば、もう少し低い温度で淹れても良いのかなという印象です)

ちなみに、なぜ熱湯ではなく90℃なのか?ですが、コーヒーは、高温で抽出するほど多くの成分を抽出されるからです。

ということは、熱湯を使用した場合には、逆に、引き出したくない成分も出てしまう可能性があります。

なので、90℃かなと。

ちなみに、グツグツ煮立っている熱湯は、100℃。

これを、別のコーヒーポットに移し替えると、90℃くらいに下がります。

(お湯を1回移し替えると、約10℃下がります)

ただ、その時の気温とかにもよりますので、できれば温度計を準備した方が良いですよ。

まとめ:浅煎りコーヒーは、爽やかな朝にぴったり。

いかがでしたか?

お伝えしたように、浅煎りコーヒーはフルーティーで軽やかな酸味が魅力なので、私は目覚めの一杯に飲むことが多いです。

朝は慌ただしくなりがちですが、私は毎日15分ほどコーヒータイムをとって、1杯をゆっくり味わう。

豆を挽くところから、お湯を注ぎ、抽出を待ち、そして飲み干すまで、一連の儀式のような感じにすると、不思議と毎日のリズムが整ってくるようです。

あなたはどんなときに楽しみますか?

あなたと、あなたの大切な人が、心安らぐカフェタイムを過ごせますように。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)