Cafe OBSUCURA(オブスキュラ/三軒茶屋)コーヒー豆を数種類から選べるカフェ

世田谷区三軒茶屋にある、カフェ オブスキュラに行ってきました。

こちらのカフェは、スペシャルティコーヒーの専門店。

ロースターを併設しているので(場所は別です)、メニューに掲載されたコーヒー豆の種類が多く、自分で選べるのが特徴です。

豆による味わいの違いを楽しみたいときや、コーヒー豆にちょっと詳しくなりたい、という人におすすめのカフェです。

サイフォンで淹れた浅煎りコーヒーを味わう

カフェ オブスキュラは、東急田園都市線の三軒茶屋駅から歩いて6〜7分の住宅街にあります。

(駅の改札を出たら、国道246方面の出口を出るとスムーズかと思います)

上島珈琲店がある商店街のメインストリートを進み、脇道に入ったところにあって、とても静かな佇まいです。

中に入ると、まず、カウンター越しにサイフォンがならんでいるのが目に入ってきました。

どうやらこれで淹れてくれるようです。

店内はウッド調の落ち着いたインテリアで、観葉植物があったり、壁一面が本棚になっているのが印象的。

コーヒー関係の本や、デザインに関する本がずらりとならんでいました。

自由に読んでいいみたいですね。

広さはわりとこじんまりとして、2人用のテーブル席が6つ。

壁際に、横ならびの2人席がありました。

窓側は全面ガラス張りになっており、緑の街路樹が見えて、光が差し込む気持ちの良い空間です。

7種類のシングルオリジンコーヒーから選べる

さて、今日は浅煎りコーヒーが飲みたくて、こちらのカフェに来ました。

たいていのカフェは、ブレンドコーヒーとか、カフェラテとか、そういう選び方をしますが、オブスキュラさんでは、こんなふうに、シングルオリジンコーヒーが数種類、選べるようになっています。

さすが、ロースターが運営しているカフェですね。

ワインの説明みたい。

本日は、中煎りが1種類、浅煎りが2種類、深煎りが4種類(うちディカフェ1種類)、というラインナップでした。

ちなみにシングルオリジンというのは、純粋に、1銘柄のみのコーヒーという意味です。

これに対してブレンドコーヒーというのは、数種類の銘柄をお店の好みの味わいにブレンドしたものです。

オブスキュラさんではスペシャルティコーヒーといって、産地はもちろん、どの農園で収穫されたのかまで明確なコーヒーを扱っています。

シングルオリジンで、その特徴を存分に堪能できるというわけです。

私は、エチオピアという銘柄を選びました。

浅煎りで、「桃が熟したベリーのような果実味。アールグレイを思わせる風味」とあります。

ちょっとお腹も空いていたので、トーストも注文。

コーヒーの「ベリーのような果実味」に合わせて、いちごジャムのトーストにしました。

ちなみにフードはトーストとスイーツが数種類あります。

チーズトーストやチーズケーキ、シフォンケーキ、プリンなどがありました。

ランチはないようです。

コーヒーを待っている間は、外の緑を眺めたり、スタッフの方がサイフォンでコーヒーを淹れる様子を眺めたりしてました。

サイフォン式は普段目にすることが少ないので、ちょっと見入ってしまいますね。

ビーカーみたいなガラスの器に、少しずつコーヒーがたまっていくのが面白いです。

と、そうこうしているうちに、コーヒーとトーストが運ばれてきましたよ。

クリアな琥珀色のコーヒーです。

結構たっぷり。200mlくらいありそう。

浅煎りのコーヒーって、実は飲めるお店が少ないんですよね。

いまいち、市民権を得られていないのが残念。

スターバックスのコーヒーなんかも、ローストは深煎りのものが中心ですもんね。

浅煎りファンとしては、今日のオブスキュラさんのように、数種類から選べるスタイルのお店は頼もしい限りです。

浅煎りコーヒーは酸味があるから苦手、という人もいますが、質の良い酸味はとても上品だし、フルーティーなので、私は好きなんですよね。

最初に見せていただいた説明書きにも、アールグレイのような味わい、って書いてありましたが、紅茶のような涼やかさが確かにありました。

ただ、上質な酸味は、自分で淹れようとすると、再現が難しいと言われています。

なので、今日はエチオピアの美味しさをしっかり覚えておこうと思いました。

そうすれば、家で淹れるときも再現がしやすくなるからです。

ここで飲んだ味を思い出しながら何回か淹れてみて、ストライクゾーンに近づけていくんですね。

さて。

サイフォンで淹れた浅煎りコーヒーは、最初のひと口がなかなかインパクトありました。

気持ちが引き締まる感じ。

コーヒーの中の果実味が、しっかり引き出されています。

そして、渋みや雑味が感じられない、クリアな舌触りでした。

いちごジャムトーストとの相性もバッチリ。

ベリー系で合わせて正解です。

コーヒーの爽やかさを消さない組み合わせですね。

コーヒーとフードの組み合わせについては、スタッフの方がアドバイスをしてくれますので、色々聞いてみるといいかもしれませんね。

ちなみに、シングルオリジンコーヒーは1杯650円ですが、おかわりだと400円に。

豆は違うものを選ぶこともできます。

今回は注文しなかったけれど、飲み比べてみるのも勉強になりそうです。

もし飲んだコーヒーが気に入ったら、お店で購入もできます。

カフェ オブスキュラ

コーヒーのことをもっと知りたい、浅煎りのコーヒーが好き、浅煎りと深煎りを飲み比べてみたい、などなど、そんなあなたはぜひ行ってみてくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)