コーヒーのフードペアリングを知って、お土産選びやおもてなし上手になろう

コーヒーのフードペアリングを知って、お土産選びやおもてなし上手になろう

お土産や差し入れを持っていくときに役立つのが、コーヒーのフードペアリングの知識です。

飲み物とフードの組み合わせが良いと、より美味しく味わえるし、何より周囲の人たちに喜んでもらえそうですよね。

そこで今回は、私自身もいろいろ試しながら、フードペアリングの基礎知識をシェアします。

これであなたも、手土産選びやおもてなしの達人になれますよ。

コーヒーとフードには相性がある

コーヒーを知れば知るほど、味わいの多様さに驚かされます。

昔は深煎りのコーヒーしか知らなかったけれど、もう少しマイルドな中煎りもあったり、最近は酸味が特徴の浅煎りコーヒーも好きになりました。

なので、コーヒーの個性に合わせて相性のいいフードやお菓子を合わせる=フードペアリングを楽しみたいと思うようになったんです。

では、どのようにフードペアリングをしていけばいいのか、2つの着眼点からご紹介しますね。

コーヒーの風味や濃厚さに合わせたフードペアリング

フードペアリングの軸となる考え方は、似たものを組み合わせて味わいを増幅させる、ということです。

コーヒーは、焙煎の度合いによって濃厚さが異なりますよね。

浅煎りから中煎りはさっぱりしていますし、深煎りは濃厚でコクや苦みがあります。

また、ブラックコーヒーなのか、ミルク入りのコーヒー(カフェオレやカフェラテ)なのか、もしくはエスプレッソなのか。

という部分も、濃厚さや舌触りのまったり感などに違いがありますね。

では、上記に挙げた観点から、コーヒーとフードの組み合わせについてご紹介しますね。

浅煎り〜中煎りのコーヒー

さっぱりしていて酸味もあるコーヒー。

軽めの食感のケーキやフルーツ系のケーキ、フルーツジャムが合います。

深煎りのコーヒー

苦みがしっかりしているコーヒー。

フードやお菓子もこってりしたものが向きます。

クリームを挟んだケーキやパウンドケーキ、シュークリーム、チーズトーストなどを。

ミルク入りのコーヒー

ミルクの甘みとコクが際立つコーヒー。

同様に、乳製品を使ったケーキやフードがおすすめ。

クロワッサン、キャラメルケーキなどが合います。

エスプレッソ

苦みの強いトロッとした舌触りのコーヒー。

ザッハトルテやガトーショコラ、ナッツタルトなど濃厚なものを合わせて。

酸味に合わせたフードペアリング

コーヒーに含まれる酸味には、さまざまなフレーバーがあります。

フレーバーの種類を知り、同じ風味のフードやお菓子を合わせると、ちょっとツウな感じのフードペアリングになります。

酸味の度合いや有無は、産地ごとの特徴と紐づけることができます。

(といっても、同じ産地でも豆の種類ごとの個性がありますので、一概には言えません。参考の目安としてくださいね)

中米地域のコーヒー(コスタリカなど)

酸味が爽やかで、フルーティーなもの、もしくはチョコレートっぽいフレーバーのコーヒーです。

オレンジピールやレモンなど柑橘フルーツを使った軽めのケーキを合わせて。

南米の高地(コロンビア、エクアドル)

チョコレートのようなフレーバー。酸味もコクもしっかりしているコーヒーです。

チョコレートを使ったお菓子が合います。

南米の低地(ブラジル)

酸味は控えめで、ナッツ系のフレーバーが特徴のコーヒー。

アーモンドやクルミなどナッツを使ったタルトや焼き菓子、バタートーストなどに。

アフリカ(ケニア、エチオピア)

フローラルで華やかな酸味があるコーヒー。

ブルーベリーやチェリーのマフィンなどベリーを使ったお菓子にあいます。

いかがでしょうか?

酸味がしっかりしているコーヒーもあれば、酸味が控えめなコーヒーもありますし、酸味にも、フレッシュで軽めの酸味と甘く熟した果実のような酸味など、個性があります。

豆を購入するときに、味わいがどのような言葉で表現されているかをチェックして、フードやお菓子を選ぶといいですよ。

カフェやお家でフードペアリングを実践してみた!

それでは、私が実際に実践したフードペアリングの感想をレポートします。

フードペアリングを身につけるには、豆を数種類から選べるカフェで試してみるのがおすすめです。

あるいは、テイクアウトしたお菓子に合わせてコーヒー豆を買ってみるなど、つねに組み合わせを意識してみてください。

YOUR DAILY COFFEEでフードペアリングを実践

エチオピア産コーヒー(浅煎り)×レモンのパウンドケーキ

YOUR DAILY COFFEEというカフェでフードペアリングをしてみました。

こちらのカフェでドリップコーヒーを注文すると、3種類のコーヒー豆から選ぶことができます。

レジの横にお菓子のショーケースがあって、焼き菓子も数種類(いつも5〜6種類はあると思います)並んでいます。

そのほかにも、プリンやアフォガード、ホットサンドなどがありますので、その日のコーヒーに合わせてフードペアリングを楽しめると思います。

まずはお菓子から選ぶことに。

チーズケーキやシフォンケーキにも目がいきましたが、レモンのパウンドケーキを選びました。

これに合うコーヒー豆を、ということで選んだのが、エチオピアの浅煎り。

爽やかな香りと柑橘のやさしい酸味が特徴のコーヒーです。

レモンを使ったケーキの甘酸っぱさと、コーヒーの爽やかな酸味がベストマッチ!

しっとりした滑らかな口当たりのパウンドケーキと、浅煎りの軽やかさも合っていました。

これは揺るぎない組み合わせですね。

柑橘どうしなので、選ぶ際にも迷いませんでした。

同じキーワードを持つお菓子とコーヒーを選べば、美味しさが広がること間違いなしです。

Cafe Obscura(カフェ・オブスキュラ)でフードペアリングを実践

ナッツ系のブレンドコーヒー(中深煎り)×チーズトースト

Cafe Obscura(カフェ・オブスキュラ)というカフェでオーダーしました。

こちらのカフェは焙煎所が運営しているカフェで、ドリップコーヒーは、オリジナルのブレンド2種類(フルーティー系/ナッツ系)と、シングルオリジン6種類から選べます。

お昼時だったので、チーズトーストを注文。

5枚切り?くらいの食パンがトーストされ、上にチーズがとろりとのっています。

そして仕上げに黒こしょうがかかっていました。

お店の方に、チーズトーストに合うコーヒーを聞いたところ、「オリジナルブレンドのナッツ系であれば、チーズの重みとバランスが取れますよ」とのことでしたので、ブレンドコーヒーのナッツ系を注文しました。

すると、うん!あいますね。

ブレンドコーヒーは、その名の通り、バランスよくブレンドされているので、苦すぎず、渋すぎず、酸味は控え目で、全体的に丸みを帯びた味わいです。

でも、ちゃんとコクがあるので、チーズにちょうどいいです。

ブレンドコーヒーは、お食事系フードとのペアリングにおすすめかなと思いました。

やはり、味が尖っていないので、食事の味の妨げにならず、名脇役みたいな存在感を発揮してくれました。

ちなみに、別の日にいちごジャムのトーストを注文したときは、ベリー系の酸味があるコーヒーを合わせました。

こちらはベリーつながりで、ナイスなペアリングでした。

メルシーベイクのケーキでフードペアリング@家カフェ

フルシティローストのブレンドコーヒー×バナナケーキ

メルシーベイクでバナナケーキをテイクアウトしました。

メルシーベイクは焼き菓子のお店。

お家に帰ってから、おやつに組み合わせたコーヒーは、815Coffee Standで購入したオリジナルブレンドです。

バナナケーキは甘やかな香り。

深煎りの一歩手前、中深煎りのフルシティーローストで、わりとしっかりした味わいです。

バナナケーキは香りがいい!

甘さは控えめで、生地はややしっかり目でふんわりしています。

間にサワークリームが挟んであり、濃厚さと爽やかさがちょうどいいバランスのケーキです。

815Coffee Standのブレンドは、ブラジル、グアテマラ、インドネシアのブレンドです。

苦みや渋みが目立ちすぎず、すっきり飲みやすいコーヒーでした。

もう少しフルーティーなコーヒーを合わせるか迷ったのですが、

主張しすぎないマイルドなコーヒーにして正解。

バナナケーキを包み込んでくれ、味わいに一体感が感じられる組み合わせでした。

まとめ:さまざまなコーヒーでフードペアリングを楽しもう

いかがでしたか?

世界ではさまざまな個性を持つコーヒーが栽培されていて、ここ日本では、ほんとうにいろいろなコーヒー豆が手に入ります。

酸味のあるもの、コクのあるもの、ナッツ系、フルーティーなど、いくつかのバリエーションを用意しておいて、フードやお菓子に合わせてフードペアリングできたらいいですよね。

お土産やギフト、差し入れを持って行くときなど、お菓子とコーヒー豆をセットにしても喜ばれるかもしれませんね。

まずはいろいろなフードペアリングを試してみて、コツをつかんでみましょう。

私はこれから、和菓子やチーズなどでも試してみようと思っています。

そのうちまたレポートしますね☆

それでは今日はこの辺で。

あなたと、あなたの大切な人が、心安らぐカフェタイムを過ごせますように。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)