番外編☆福岡・博多近辺のロースターカフェ散歩。出張中にお仕事するならココ!

番外編☆福岡・博多近辺のロースターカフェ散歩。出張中にお仕事するならココ!

福岡県の博多近辺には、魅力的なロースターカフェが多いって知っていましたか?

私は先日、仕事で福岡に5日間滞在しました。

その際、博多近辺のカフェを数件訪問して気づいたことや、利用しやすさなどをリポートします。

出張中ということで、美味しいコーヒーを飲みながらお仕事もはかどるカフェを探しました。

もし出張などで出かける機会があれば、参考までにチェックしてみてくださいね。

博多近辺のロースターやカフェ数件を訪ねて気づいたこと

今回は、5日間の滞在で6つのカフェ(コーヒースタンドを含む)を利用してみました。

  1. 白金茶房(薬院)
  2. COFFEE COUNTY(薬院)
  3. マヌコーヒーくじら店(薬院)
  4. REC COFFEE meets RETHINK-CAFE(天神)
  5. REC COFFEE(博多駅前マルイ/KITTE博多6階)
  6. ハニー珈琲(博多駅前)

福岡のメジャーどころを攻めてみた感じです。

これらを回ってみてちょっと驚いたのは、試飲コーナーが充実している!ということ。

上記のうち、COFFEE COUNTY、REC COFFEE meets RETHINK-CAFE、REC COFFEE、ハニー珈琲(博多駅前)には、試飲コーナーがありました。

みんな自家焙煎のお店なので、コーヒー豆の販売もしており、その種類も充実しています。

どのお店も6〜8種類くらい販売していました。

そのすべてが試飲できるようになっているのです。

陳列されたコーヒー豆の先頭に、コーヒーの入った透明のドリップポットや、試飲用の紙コップが置かれていて、自由に手に取れるようになっています。

これは東京では見かけない光景でした。

東京でも、その日のオススメコーヒーを試飲させてくれるところはありますが、全種類自由に飲めるというのは見たことがなかったです。

ちょっと興奮しましたね。

例えば同じ浅煎りでも、香りの違いってあるじゃないですか。

グリーンアップルとか、ストロベリーとか、オレンジとか・・・。

それを同時に飲み比べられる機会って、あまりないと思いませんか?

今回の福岡・博多のカフェ巡りでは、予想外にそんな楽しみ方ができたことが発見でした。

なので、コーヒーについてちょっとくわしくなりたい人や、お気に入りを見つけたいと思っていたら、試飲できるカフェに行ってみると良いですよ!

さて、それでは具体的にカフェのリポートをしていきましょう。

今回は出張中の訪問ということで、仕事のしやすさにポイントを置いてリポートします。

博多のロースターやカフェでのんびりお仕事するなら、どこがいい?

博多駅の周辺は人が多すぎて、ゆったり仕事ができるカフェが少ないんですよね。

それに、スタバとかシアトルズベストコーヒー、タリーズ、上島珈琲店など全国展開のチェーン店が多い。

そこで、博多から少し足を伸ばして行ってみたのが、薬院というエリアです。

博多駅から地下鉄で天神まで行き、七隈線に乗り換えて、「薬院」という駅で下車します。

平日の昼間だったせいか、地元の人しかいない感じで、非常に落ち着いて過ごせました。

(地元の人に聞いたところ、夜は結構賑やかなようですね)

時間はちょうどお昼頃。

計3軒のお店に行きました。

白金茶房(薬院)

まずは駅から歩いて7〜8分ほどの、「白金茶房」から。

白金茶房の雰囲気は?

住宅街にポッとある一軒家風のお店で、路面店ですが、入口は少し奥まったところにあります。

アプローチは涼しげな雑木林ふうになっています。

ドアを開けると、入り口に近いところにコーヒーを淹れるキッチンがあり、使い込んだ風情のポットが2つ火にかかっており、スタッフさんが忙しそうに準備をしていました。

私が案内されたのは、入口からすぐの1階です。

席からの眺めはこんな感じ。↓

目の前に緑がそよいで、雰囲気はとってもいいです!

癒される感じ。

ただ、細長いお部屋なので、座っている椅子の背もたれの後方は、人がやっと通れるくらいのスペースです。

隣との距離も近いです。

なので、お仕事向きのカフェというよりは、一人で食事を楽しんだり、もしくはお友達とおしゃべりをして過ごすのが良さそう。

白金茶房の料理は?

ランチメニューがあり、パスタランチやパンケーキのランチがありました。

今回は、クラシックパンケーキランチを注文。

前菜として、直径20cm以上ある大皿にサラダがたっぷり運ばれてきました。

そして、表面がつるつるでふんわりしたパンケーキが1枚。

白金茶房のコーヒーは?

そして肝心のコーヒーですが、「白金茶房ブレンド」というオリジナルのブレンドコーヒー(¥500)があって、浅煎り、中煎り、深煎りから選ぶことができました。

自家焙煎ではないのですが、同じ福岡県の豆香洞というロースターで焙煎されたものです。

(豆香洞は、世界一の焙煎士のお店として知られています)

私は浅煎りのブレンドを注文。

ブラジル、コスタリカの豆を中心にブレンドされているとのこと。

浅煎りのブレンドですが、酸味がそれほど強くなく、でも爽やかで、丸みのある味でした。

舌に残らない軽さがありますね。

お食事との相性も良いように感じました。

もちろん、豆の販売もあります。

COFFEE COUNTY  Fukuoka(薬院)

次に訪れたのは、白金茶房から歩いて5分くらいのところにある、COFFEE COUNTY  Fukuokaです。

COFFEE COUNTYはどんな雰囲気?

COFFEE COUNTYさんは久留米の人気店で、薬院のお店は2号店とのことです。

お店に到着すると、まず目に飛び込んできたのが物販および試飲コーナーでした。

ゆったりとしたスペースに、6〜7種類(正確に数え忘れました)のコーヒーが、自由に試飲できるようになっていました。

COFFEE COUNTYは、カフェというよりはコーヒースタンドという雰囲気。

大きなテーブル席や個別のテーブル席もあるんだけど、落ち着いて過ごすというよりは、コーヒーを片手に雑談、飲み終わったらサッと帰る、みたいな過ごし方が似合うお店でした。

もしくは試飲コーナーで飲み比べをしながら、自分好みの豆を探したいときにおすすめです。

COFFEE COUNTYのコーヒーは?

私はドリップコーヒーをシングルオリジンで注文。

スタッフの方によると、浅煎りが押しということだったので、エチオピアのイルガチェフという銘柄を選びました。

オープンキッチンのような感じなので、スタッフの方がハンドドリップでコーヒーを淹れている様子もしっかり見えて、ちょっと勉強になりましたね。

お湯を注ぐ時のポットの傾け方とか、ああ、そうやってナナメに傾けると細く注げるのね!とか。家に帰ったらやってみようと思いました。

そして運ばれてきたコーヒーは、鼻を近づけると青いストロベリーの香りがします。

見た目も赤茶色で紅茶のような軽やかなコーヒーでした。

マヌコーヒー ロースター クジラ店(薬院)

3軒めはマヌコーヒーさんです。

マヌコーヒー ロースター クジラ店はどんな雰囲気?

マヌコーヒーさんはいろいろ店舗があるようですが、今回行ったのは、コーヒーカウンティさんから徒歩3分くらいのところにある、マヌコーヒーロースタークジラ店です。

2階建ての一軒家を改造したような風情で、黄色の壁が目印。

入り口を入ると奥の方に焙煎機も見え、倉庫っぽい開放的な空間が広がっています。

こちらのお店は、2階がメインのフロアとなっていて、テーブル席がゆったりと配置されています。

立食パーティーができるくらいのゆったり感です。

全部ではありませんが、電源が使える席もあります。

私は平日14時ごろに行きましたが、席は結構空いていましたし、お店の中も広々としているので、気兼ねなく長居できました。

3時間ほど、パソコンでカタカタ原稿を書いていましたよ。

なので、平日の昼間に静かにお仕事をしたいときは、マヌコーヒーのクジラ店はおすすめです。

マヌコーヒー ロースター クジラ店のコーヒーは?

「クジラブレンド」をフレンチプレスの抽出でオーダーしました。

(ハンドドリップ か、フレンチプレスかで選べるようになっていました)

こちらのブレンドは、苦みや渋みが少ない軽めの味わい。

ちょっと酸味があるので、フレンチプレスで抽出したコーヒーにしては重たくない、けれどもオイルやとろっとした舌触りも感じられる印象です。

今日のシメにふさわしい一杯となりました。

さて、次の日は、さらにこちらにも行ってきましたよ。

REC COFFEE meets RETHINK-CAFÉ(天神)

REC COFFEEは博多近辺にいくつかの店舗があります。

今回訪れたのは、天神駅近くのビックカメラ向かいにある、REC COFFEE meets RETHINK-CAFÉです。

こちらの店舗は2階もあり、かなりゆったりしています。

1階はフロアの中央に相席用の大きなテーブルがあり、他、壁に沿って二人がけのテーブル席がゆったり配置されています。

ゆったりしていると長居もしやすいですし、フリーWIFIが利用できるのもありがたい!

そしてこちらでも、試飲コーナーがありました。

REC COFFEE meets RETHINK-CAFÉのコーヒーは?

私は浅煎りのコーヒーの中から、ホンジュラス産の豆でドリップコーヒーを注文しました。

REC COFFEEさんは、コーヒーをシングルオリジンで注文すると、銘柄について説明したカードをつけてくれるんですね!

これはうれしいですね。

次にコーヒー豆を選ぶ際の参考にもなりますね。

コーヒーは酸味が上品で、最初にグリーンアップルの香り。

飲んで味を噛み締めていると、メープルシロップの優しいコクが感じられます。

優しい酸味でサンドイッチとの相性も抜群でした。

REC COFFEE meets RETHINK-CAFÉの料理は?

サンドイッチのほか、トースト系やホットドック系もありますので、ランチがてらの利用もオススメです。

ケーキも7〜8種類はありましたね。

私の注文したサンドイッチは、とにかく色彩が美しかった。

色を食べて元気になれた感じがしました。

REC COFFEE 博多マルイ店(博多駅)

同じREC COFFEEになりますが、博多駅の近くで過ごしたいときにはこちらがおすすめです。

博多駅前のマルイ(KITTE博多)の6階にあります。

ただし、マルイの休館日はカフェもお休みになります。

REC COFFEE 博多マルイ店の雰囲気は?

私は滞在中に3回いきましたが、いずれも16時頃に訪問しました。

席は大きなテーブル席と、二人がけのテーブル席、窓に向かったカウンター席があります。

マルイの中ということもあるのか、これまで訪れたカフェに比べると、テーブルとテーブルが近い感じ。

ゆったりしたカフェではないけれど、博多駅から近いのは便利ですよね。

また、16時〜18時くらいの時間帯であれば、混んではいても満席という感じでもなく、3回ともすぐに座れましたし、18時くらいになるとお店は全体的に結構空いていました。

電源はなかったけれど、席数もあるので、2〜3時間お仕事をするのにはおすすめです。

ただ、マルイなので、トイレはカフェの中にはありませんので、念のため。

ランチタイムは不明ですが、夕方の利用であれば、意外と穴場かもしれません。

あ、ちなみに試飲コーナーもありますし、個包装のドリップコーヒーや、水出し用のパック、コーヒーグッズなどの販売も充実しています。

博多からの帰路、立ち寄ってお土産を買うのにもおすすめです。

REC COFFEE 博多マルイ店のコーヒーと料理は?

基本的に、先述した天神のREC COFFEEと同じです。

私は九州産いちじくのタルトに、浅煎りのドリップコーヒー(ケニア)を合わせました。

オレンジの香りとちょっとスパイシーな感じもあって、フレッシュなタルトにぴったりでしたよ。

ちなみに、お店の方が金属フィルターでのドリップをお勧めしてくれたので、お願いしました。

香り高い浅煎りコーヒーに、コーヒーオイルもしっかり抽出されてかなりコーヒーを堪能できました。

抽出方法に選択肢を与えてくれるのも、うれしいですね。

コーヒーの楽しみ方を教えてくださっている感じがします。

ハニー珈琲 博多駅前店

最後はハニー珈琲さんです。

いろいろ店舗があるようですが、博多から行きやすいのは、博多駅の博多口の地下街にある店舗です。

こちらは、豆のみの販売ですが、店の向かい側に「ミエル」というレトロな感じの喫茶店があって、そこはハニー珈琲さんがやっているカフェみたいですね。

タイミングが合わず、今回は豆だけを買って帰ることにしましたが・・・。

しかし、ショック!

ハニー珈琲さんでも試飲をやっているので、試飲して豆を選ぶことを楽しみにしていたんですが、試飲は18時までだったんです。

私が行ったのは、15分くらい過ぎてました・・・。

ハニー珈琲の博多駅前店で豆を買う予定なら、早めの時間に行きましょう!

今回は、スタッフの方に説明を聞いて浅煎りの「ケニア」を買いました。

ちなみに、ハニー珈琲さんは福岡空港にもあり、試飲コーナーもありますので、飛行機を利用される場合はそちらで買うのもおすすめです。

ちなみに豆を買うと、コーヒーが一杯、無料でもらえます。

まとめ

いかがでしたか?

博多近辺はロースターカフェが一杯あって、珈琲好きにはたまらない街です。

特に、コーヒーの試飲ができるのはとっても魅力!

出張などでお出かけの際には、ぜひ行ってみてくださいね。

パソコン作業をするなら、REC COFFEE meets RETHINK-CAFÉREC COFFEE 博多マルイ店マヌコーヒー ロースタークジラ店がおすすめです。

それでは、今回はこの辺で。

素敵なカフェタイムをお過ごしくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)