ドリップコーヒー用金属フィルターの目詰まりをソク解消!お手入れのコツ。

ドリップコーヒー用金属フィルターの目詰まりをソク解消!お手入れのコツ。

ステンレス製の金属フィルターは、ペーパーフィルターがいらないので便利なアイテム。

その反面、うっかり手入れを怠ると、目詰まりが発生することも!

今回は、金属フィルターの目詰まりをすぐに解消できる方法をシェアします。

コーヒーの金属フィルターの目詰まりの解消方法

お気に入りの金属フィルター

ちゃんと洗っていたつもりだったのですが、いつの間にか目詰まりしていました。

コーヒーフィルター目詰まり

わかりますか?

中央にある抽出穴の周りに、ポツポツと小さい粒が点在しているのが見えますよね。

これくらいの詰まり具合だと、まだコーヒーの抽出にはそれほど影響がないですが、もっと詰まってきたら、そのうちお湯が落ちなくなりますね。

それは困るので、早速、目詰まりを解消することにしました。

用意したのは、メラミンスポンジです。

これを適当な大きさにカットして、金属フィルターの内側をキュキュッとこすっていきます。

コップを洗うみたいに。

すると、どうでしょう。

メラミンスポンジがこんなに茶色くなりました。

コーヒー目詰まり

メラミンスポンジは優秀ですね。

実はメラミンさんを使う前に、付属のブラシでいちど、全体的に洗っていました。

それなのに、まだ落ちきっていなかったのですね。

金属フィルターはどうなったかというと。

金属フィルター

小さい粒粒がなくなって、きれいになっています!

最後に水で洗い流して、乾燥すればお手入れは終了です。

もし、いま目詰まりで困っているなら、上記の方法を試してみてください。

すぐに解消すると思いますよ!

また、そもそも目詰まりしないように、日々の洗い方についてもまとめてみましたので、もしよかったら、続けて後半も読んでみてくださいね。

コーヒーの金属フィルターの目詰まりを防止!日々の洗い方

コーヒーフィルターが目詰まりする原因は、油分と微粉が合わさって固まってしまうからです。

油分というのは、コーヒーに含まれる油分のことです。

微粉というのは、コーヒー豆を挽いたときに一定の割合で生じる細かいコーヒー粉です。

ペーパーフィルターの場合は、ペーパーが油分や微粉をせき止めてくれるので、コーヒードリッパーにこれらが付着しないのです。

金属フィルターの場合は、コーヒー粉を直にフィルターにセットしますので、これらが付着しやすいんですね。

目詰まりを防止するには、付着した油分や微粉をなるべく早めに取り除くようにします。

私はドリップした後、抽出後のコーヒーかすを、金属フィルターからすぐに取り除くようにしています。

不敷布のゴミ袋があると便利ですよ。

また、金属フィルターを洗うときは水やお湯で流すだけではなく、油分を取り除けるものを使って洗うようにします。

食器洗い用の洗剤でも良いですし、重曹を溶かしたお湯につけておいたりしますね。

とはいえ、コーヒーをドリップしたら、冷めないうちにすぐに飲みたいですよね。

洗わなきゃ、でも熱いうちに飲みたい、という葛藤が(笑)。

私の場合は、ドリップしてすぐに、コーヒーかすを捨てるところまではやっておきます。

コーヒーかすを不敷布のゴミ袋に捨てて、金属フィルターはお水でざっと洗い流しておく。

そして、コーヒーを飲み終わって一息ついたら、重曹につけてから軽くこすって洗う、という感じにしてます。

すると、それほど目詰まりにはならないですよ。

もちろん、何回も使っているうちに、多少の目詰まりは生じますが。

そうなったら、先ほどのメラミンスポンジでこすればOK。

こんな感じです。

金属フィルターの目詰まり対策、もしよかったら試してみてくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)