甘い&甘くない2層カフェオレの作り方を6パターン実験してみた!

甘い&甘くない2層カフェオレの作り方を6パターン実験してみた!

ツートンカラー(2層)のコーヒーっておしゃれだし、なんか美味しそう。

自分でも淹れることができたらいいですよね。

そこで今回は、甘い・甘くない・アイス・ホットという角度から、どんな方法だと2層が作れるのか、いろいろ試してみました。

作り比べてみてわかった、作り方のポイントもシェアします☆

王道の2層アイスカフェオレの作り方

まずは、失敗の少ない作り方からいってみます。

ですがその前に、なぜ2層になるのか?という理由をお伝えしておきますね。

そのほうが、この先の内容が頭に入り、失敗しにくくなると思います。

2層のコーヒーは比重の差を利用している

比重というのは、同じ体積における質量の違いのことです。

具体的にいうと、水は100ml=100gですよね。

じゃあ油はどうかというと、100ml=90〜92gくらい。

同じ体積(100ml)では、水より油の方が軽いんです。

確かに水と油を一緒にすると、油が表面に浮いてきますもんね。

比重を利用する、とは、そういうことなんです。

比重の違う液体を組み合わせているので、混じらずに2層になるのです。

  • 上の層は比重が軽い
  • 下の層は比重が重い

ちなみに、コーヒーは牛乳より比重が軽い液体です。

2層のアイスカフェオレは、その違いを利用しているんですね。

まずは、ここまで頭に入れておいて……ひとつめの実験結果をご覧ください!

【No1】いちばん簡単で美しい2層アイスカフェオレの作り方

準備するもの

  • アイスコーヒー(無糖/インスタントでもOK)
  • 牛乳(無脂肪牛乳や豆乳でもOK)
  • ガムシロップ10g程度(1包分)
  • 氷(牛乳から少し顔を出すくらい)

※カフェオレは、アイスコーヒーと牛乳の量が、基本1対1です。

ミルク多め、コーヒー多めはお好みで調整してみてください。

作り方

  1. コップにガムシロップと牛乳を入れて、よく混ぜ合わせる。
  2. さらに、氷を隙間なく入れる。
  3. 無糖のアイスコーヒーを、氷に触れさせながら静かに注ぐ。

以上で完成です。

2層カフェオレ

2層コーヒー

美しくセパレートしました☆

ここで、ひとつ疑問が。

飲み物に、氷を入れて冷やし過ぎたくないってこともありますよね。

氷なしでも2層になるのでしょうか?

【No2】氷なしの2層アイスカフェオレ

No1の作り方で、氷を入れずに作ってみました。

そうしましたところ、やはり、ダメでした☆

混じってます。

でも味は美味しいですけどね。

上記からわかったことは。

きれいな2層を作るポイントは3つ

No1の方法は、もっとも簡単で失敗しにくいと思われる方法です。

液体がセパレートしやすくなる3つの条件が揃っているからです。

その条件(下記の3つ)を知っておくと、あとでいろいろ応用が利くようになりますよ☆

牛乳にガムシロップを入れる

牛乳の比重(下の層)をコーヒーより重くするためです。

なぜなら、比重の差が大きいほど、液体どうし混じりにくくなるからです。

無糖のコーヒーと牛乳は、牛乳の方が重いですが、それほど大きな違いはありません。

なので、牛乳にシロップ(糖分)を加えてよく混ぜ、比重を重くして、コーヒーが混じりにくいようにします。

氷は隙間をなくし多めに入れる

2層にするには、液体の温度差もポイントになるんです。

牛乳にガムシロ+を多めに使うことで、コーヒーが混じりにくく、美しい層になります。

アイスコーヒーを細く注ぐ

アイスコーヒーを勢いよく注ぐと、牛乳と混じりやすいです。

なので、牛乳を揺らさないように、氷を伝わらせて静かに少しずつ注ぐことが大切です。

以上を踏まえて、牛乳とコーヒを上下入れ替えたバージョンも実験しました。

【No3】コーヒーが下!の2層アイスカフェオレ

準備するものと作り方の手順は、上記No1と同じです。

違うのは、ガムシロップをコーヒーの方に入れること!

グラスにガムシロとコーヒーを入れて混ぜ、氷を入れます。

そして、牛乳を静かに注ぎ入れたら・・・できました!

2層カフェオレ

いかがでしたか?

この通りに作ってみれば、きっときれいな2層カフェオレになると思いますよ☆

とはいえ、実はわたし、コーヒーに砂糖入れない派なんです。

できればガムシロップを使わずに作りたい!

というわけで、次の実験テーマはこちらです。

ガムシロなしで甘くない2層アイスカフェオレを作れるか?

今回は、氷あり・氷なしの2パターンを実験しました。

【No4】甘くない2層アイスカフェオレ(氷あり)

準備するものや作り方の手順は、上記No1と同じです。

ただし、ガムシロップは入れません。

すると、どうなったか・・・?

わ!ちゃんとツートンカラーになってる☆

2層カフェオレ

続けて、氷なしバージョンもやってみます。

【No5】甘くない2層アイスカフェオレ(氷なし)

こちらは、残念ながら完全に混じってしまいました。

No2の、ガムシロ入り氷なしバージョンでさえ失敗していますので、予想はしていました。

この実験からハッキリわかることは、やはり温度差が重要だということです。

コーヒーと牛乳は、基本的には混じり合うもの。

でも、No4のように、氷をきちんと入れて牛乳を冷やせば、ガムシロなしでも2層が作れるとわかりました。

さて、アイスカフェオレの実験が終わったところで、またひとつ疑問が。

ホットのカフェオレでも、2層にできるのか?

結果をご覧ください☆

2層カフェオレはホットでも作れる?

甘みも氷(温度差)もない場合、牛乳とコーヒーは混ざってしまいます。

これは、No5で実証済み。

なので、ホットの場合は牛乳を泡立てました。

泡立てると空気が含まれて比重が軽くなりますので、この場合は、牛乳が上になります。

【No6】フォームド(泡だて)ミルクと温かいコーヒー

準備するもの

  • ホットコーヒー適量
  • 牛乳60〜70ml

作り方

  1. グラスに温かいコーヒーを入れる。
  2. 牛乳を温める(ステンレス製のクリーマーは火にかけられるので便利!)。
  3. 温めた牛乳をクリーマーで泡立てる。
  4. 泡立てた牛乳をそっとコーヒーに注ぐ。

完成です!

2層カフェオレ完全にセパレートはしていない感じ。

牛乳が一定量、下に流れてしまうんですね。

なのでコーヒーの色が、ちょっと薄くなっています。

それでも泡がしっかりしている分、2層感はちゃんと出ていますね。

ちなみに、私が持っているステンレス製のクリーマーは、冷たい牛乳でも泡立てることができます。

なので、アイスの無糖コーヒーに、冷たい泡をのせるのもアリですよ。

ま、カフェオレっていうよりも、完全にカフェラテやカプチーノ的になってますね(笑)

まとめ:3つのポイントを押さえて、2層カフェオレを楽しもう

いかがでしたか?

今回は、王道の2層カフェオレを紹介しつつ、いろいろな実験を試みてみました。

「たぶんこれは無理だろうな〜」と思うことでも、実際にやってみると「やっぱりダメだったわ」とハッキリわかるので(笑)、それもまた、大事なことだなぁと実感。

といきなり話が反れましたが、最後に、2層にするポイントをまとめてみます。

【アイスの場合】

  • 牛乳にガムシロップを入れる(下層の比重を重くする)
  • 氷は隙間がなく多めに入れる
  • アイスコーヒーを細く注ぐ

【ホットの場合】

  • 牛乳を泡だてて上にのせる

お家でもつくれる素敵な2層のカフェオレ、ぜひいちど作ってみてくださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)