オブスキュラ(Obscura)のエチオピアサンライズ☆

オブスキュラ(Obscura)のエチオピアサンライズ☆

先日は、Obscura Laboratoryにて、新しく出た季節のドリンクをテイクアウトしました。

その名も、エチオピアサンライズ!

きれいですよね。

夜明けの光のグラデーションをイメージしてるのかな?

で、どんなドリンクなのかというと、

エチオピア産のコーヒーに、オレンジジュース、レモン汁、グレナデンシロップ、炭酸水を加えているそう。

エチオピアのコーヒーは、ベリー系と柑橘系、両方の酸味が感じられるのが特徴なのですが、その爽やかさがたっぷり引き出されたアイスコーヒードリンクです。

 

飲んでみると、少しシュワッとして、フルーツ紅茶のような上品さも感じられました。

フタを開けてカップに口をつけて飲んでみたら、より、香りをダイレクトに受け取れました。

 

ちなみにこの日、オブスキュラさんで、コーヒー豆もいっしょに購入。

同じエチオピア産。エチオピアフォゲという銘柄です。

家に帰って早速、淹れてみました。

まず、中のコーヒー豆を小皿に出して、色ツヤ、その形を眺めます。

ふわぁ〜、美しい。

表面がなめらかで、なんか品のある豆だと思いました。

少し香りをかぐと、フルーツチョコレートのような香りがします。

 

これを、ペーパードリップ用に挽くために、電動ミルに1杯分をセットして、スイッチをオン!

すると……

 

なんじゃこれ〜〜

 

思わずのけぞりました。

豆を挽いているそばから、ふわ〜〜っと

すごいアロマが漂ってきたんです。

 

めちゃめちゃいい香り!

なんていうんだろう、これ、ほんとラズベリーのような、甘酸っぱい果実の香りがキッチンいっぱいに広がりました。

まだコーヒー淹れてないのに、豆を挽いただけでこの感動。

 

エチオピアのコーヒーは、最近私がもっとも気に入っているコーヒーです。

遠いアフリカの地から、海なのか空なのか、とにかく長い旅路を経て、ここ日本まで来てくれた。

オブスキュラさんでは、現地と直にやりとりをして、クオリティの高い豆を仕入れているそうで、今回飲んだ「エチオチアフォゲ」は、とりわけハイクオリティな豆に分類されています。

現地の作り手により丁寧にハンドピック(※)されたコーヒーチェリー(コーヒーの果実)を、21日間、アフリカンベッドで天日乾燥しているそう。

※豆をひとつひとつ手作業で確認し、不揃いなものをとりのぞく作業

コーヒーを淹れる時、コーヒーチェリーを育んだエチオピアの美しい山並みと、ふりそそぐ太陽の光を思い浮かべました。

ひと粒のコーヒー豆には、自然の恵みがぎゅっとつまっている…。

美しく丁寧に淹れることで、その恵みを余すことなく水に移したい。

だから、目の前にあるコーヒー豆(粉)に少し緊張感を持ってのぞみます。

ドリップポットの細くて長い注ぎ口から、少しずつ、ゆっくりお湯を注いでいきました。

挽きたてのコーヒー粉が、水分と空気を蓄えてプクッとふくらんできます。

抽出が終わり、ほどよく温かいコーヒーを口にふくむと、控えめながらも優しい甘さ、初夏を思わせる果実の爽やかさが感じられます。

 

ちなみに、このコーヒーで、アレンジドリンクもつくってみました。

エチオピアサンライズにならい、アイスコーヒーを炭酸水で割って、シュワシュワ系に挑戦。

炭酸水は、アップルタイザー(無糖のりんごジュース炭酸入り)をつかいました。

フルーティーなエチオピアコーヒーとの相性抜群。

汗ばむ日も多くなりそうなこれからの季節、おうちカフェにおすすめです。

自宅でコーヒーを淹れる機会も多そうですから、これを機に、いろんなアレンジコーヒーに挑戦するのも楽しそうですね。

それでは今日はこのへんで。

ありがとうございました。

 

アイスコーヒーの作り方をもっと知りたい方は、こちらの記事もおすすめです!

関連記事:

ギフトにもおすすめ!水出しコーヒーに合う無添加・砂糖不使用のドライフルーツ。

夏はコールドブリュー!スタバ風2層アイスコーヒーの作り方。

コールドブリュー(水出し)コーヒーの美味しい作り方を3パターン試してみた。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)