コーヒーの焙煎に挑戦してみた!〜フライパンでできる簡単コーヒー自家焙煎

コーヒーの焙煎に挑戦してみた!〜フライパンでできる簡単コーヒー自家焙煎

コーヒー好きな私ですが、自家焙煎は未経験。

というのも、生豆がなかなか手に入らない、と思い込んでいたからです。

で す が、少量から生豆が購入できる、とても良心的な豆屋さんを発見し、挑戦してみたのでシェアさせていただきますね!

焙煎前の生豆を見て驚き!

今回、コーヒー豆を購入したのは極上珈琲 生豆本舗というお店です。

世界各国のコーヒー豆が、100g単位で購入可能なのが嬉しい。

生豆と焙煎したもの両方を取り扱っています。

ウェブショップでは、味の特徴などすべて詳しく解説しているので、飲み比べを楽しみたい方にもオススメです。

私は今回、2種類の豆を購入しました。

これね、ちょっと驚いたんですけど、豆の大きさや色がぜんぜん違うんですね。

みて!

大きい方(向かって左)は、インド産。モンスーン マラバールAA

という種類です。

小さい方は、グアテマラ産。メディナ農園ピーベリーという種類です。

 

特に、生豆のときの色って、なかなか見る機会がなかったので、こんなにも違うんだなと驚きました。

生豆の状態はグリーンというそうで、豆の種類によって、グリーンの濃いものや薄いものがあるそう。

しかし、インドのモンスーンはグリーン味がほぼありません。黄金色のコーヒーとも言われ、まったりとした味わいが人気なのだとか。

フライパンを使って、コーヒー豆の自家焙煎に挑戦!

今日はインドのモンスーンを焙煎してみます。

焙煎方法は、記事の一番下にわかりやすい動画をご紹介しているので、そちらを参考にしてみてください。

私はこんな感じでしたよ〜♪という証拠写真?はこちら。

フライパンで煎るだけです。

焦げるのがちょっと心配だったので、コンロの上に焼き網をのせ、さらにその上に、フライパンをのせています。

少しムラがありますが、このコーヒー豆はハイロースト(浅煎り)が向く、とありましたので、このへんで焙煎をストップ。

焙煎したてのコーヒーをミルで挽き、ハンドドリップで淹れました。

粉がフワ〜っとふくらむ感じが見ていて幸せ。膨らんでいる瞬間の写真が撮れなかったですが。。。次回はガンバリマス

お味の方は、まったり、というかマイルドな感じですね!

少し焦げすぎたかなと思ったけれど、苦味はあまりなくて、飲みやすかったです。

次はもうひとつのほうも入れてみようっと。

コーヒー焙煎は、ほうろくを使ったり、家庭用の焙煎機もあるようですが、フライパンでも美味しくできるなら、そのほうが手軽でいいなぁ。私的には大満足でした!

今回の焙煎時間は20分くらいかなぁ。

意外と簡単にできることがわかったので、これからもいろんな豆を取り寄せて楽しんでみたい!

取り急ぎ、「簡単にできたよ〜」のシェアでした!

焙煎方法を詳しく知りたい人は、以下の動画がわかりやすいですよ☆(大阪の枚方市にある美味しいごはん処「お食事ゆにわ」の店長さんが、素敵な動画で解説してくださっています)

ぜひお試しくださいね☆

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)