ウイスキーの樽でエイジングしたベトナムコーヒー!美味しい飲み方を紹介。

ウイスキーの樽でエイジングしたベトナムコーヒー!美味しい飲み方を紹介。

下北沢を歩いていたら、老舗のコーヒー焙煎所モルディブさんで、おもしろいコーヒー豆を発見しました。

その名は、「ベトナム バレル エイジド」。

まるでウイスキーのような風味、と書いてあります。

一体どんなコーヒーなのか、そして、美味しい飲み方をリポートします。

「ベトナム バレル エイジド」はどんなコーヒー?

「ベトナム バレル エイジド」とは、

コーヒーの生豆(焙煎する前の豆)を、シングルモルトウイスキー用のオーク樽で一定期間寝かせている(エイジング)のが特徴です。

量り売りで50gばかり購入。真空パックにしてくれた。
ベトナムコーヒー
焙煎は深め。

自宅に戻った私は、さっそくコーヒー豆をミルで挽き、まずはベーシックにハンドドリップで淹れてみました。

飲んでみると、、、

どこかスモーキーで、ウッディーな香り。

まったりと柔らかい、からみつくような、少し甘みのあるフレーバー。

ゴクンと飲んだあと、のどごしに余韻が残るコーヒーですね。

 

ちなみに今回は、金属フィルターのハンドドリッパーで淹れました。

私はさまざまな淹れ方を試しているのですが、

金属フィルターはコーヒー豆の個性をまるごと味わえる感じがして、好きです。

珍しい豆が手に入ったとき、ぜひ試してもらいたい淹れ方です(フレンチプレスでもよいですね)

詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてみてください。

参考:コーヒードリップの金属フィルターは超おすすめ!間違いのない選び方と味、手入れの感想。

 

さて、ベーシックにドリップコーヒーを楽しんだところで、後日、他の飲み方にも挑戦しました。

ハンドドリップもいいけど、こちらもかなりオススメしたい感じです。

コールドブリュー(水出し)コーヒー

コーヒー豆を挽いて、一晩、おいしい水に浸すだけ。

今回は、コーヒー粉10gに水100gで浸出。

参考:コールドブリュー(水出し)コーヒーの美味しい作り方を3パターン試してみた。

氷入りのグラスに注ぎます。

コールドブリューコーヒー

ホットで飲んだときは、後味に特徴を感じたのですが、アイスの場合、グラスに口をつけた瞬間から、芳しい香りが控えめに漂ってきました。

少しずつ口にふくませるように味わい、ゴクン、と飲んでみると……。

あ〜〜、ウイスキーだ!!

またひとくちゴクン。

わ〜〜、こう来たか!

……ボキャブラリーがなくてスミマセン。

でも、ウイスキーっぽさを味わうなら、ホットよりもアイスがいいかも!

特にコールドブリューは、コーヒー豆を一晩水に浸すため、香りがしっかり水に移っている感じがします。

なので、香りに特徴のある「ベトナム バレル エイジド」は、コールドブリューがおすすめ!

 

ちなみに、私、ウイスキーはほとんど飲まないんですが(今更言うか!)、理由は、どうも香りや味が強いと感じるからなんです。

のどが焼けつく感じがして、少ししか飲めません。

でも、コーヒーのフレーバーとしては、ふわっと心地よく広がる華やかさを感じます。

 

そして、最後にもうひとつ、おすすめの飲み方は……。

ベトナムコーヒーで淹れるキャラメルラテ

ウイスキーって、チョコレートと合わせるくらいだから、甘いものと相性いいのでは?

(苦手な方もいると思いますが)

との予測から、「ベトナム バレル エイジド」を使用したカフェラテに、キャラメルソースを加えてみました。

キャラメルの加え方がヘタくそすぎますが、味は美味しかったです!

(コーヒーカップの底にも少しキャラメルソースを加えてあります)

ベトナムコーヒー

香ばしい!

ウイスキーのスモーキーさ、芳醇な香りと、キャラメルのほろ苦さが合う!

リッチな大人のカフェラテになりました。

キャラメルソースは、カンノンコーヒーの自家製キャラメルを使用しています。

 

ということで、今回はベトナム産のコーヒー豆「バレルエイジド」に挑戦してみました。

もしよかったら、お試しくださいね。

コーヒー豆「バレルエイジド」はアマゾンでも取り扱っているようです。

これからの季節、おもてなし用のコーヒーとしてもおすすめです。

それでは、素敵なカフェタイムをお過ごしください☆

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)